HOME HOME > 新着情報 > 福島・本宮市で太陽光発電施設の運転開始

新着情報

福島・本宮市で太陽光発電施設の運転開始

平成27年02月12日

当社連結子会社のセンコンテクノサービス株式会社(宮城県名取市)は、福島県本宮市のセンコン物流(株)福島営業所の倉庫屋根に太陽光発電施設を完成させ、平成27年2月12日に発電を開始しました。当該施設は出力約330kWの発電設備(パネル1,272枚)を導入し、年間33万kW(90世帯分)の発電量を想定しております。


 これにより当社連結子会社の株式会社センコンエンタープライズ(宮城県名取市)を含めた、現在稼働中の太陽光発電施設は以下の通りとなりました。

 

センコンソーラー発電所
所在地 設備容量 売電開始 運営子会社
1 仙台北部ロジスティクスセンター
(黒川郡大和町)
602kW 平成25年4月15日~ (株)センコンエンタープライズ
2 古川営業所(大崎市古川) 609kW 平成25年5月15日~
3 名取本社(名取市下余田) 508kW 平成26年3月5日~
4 大衡発電所(黒川郡大衡村) 1500kW 平成26年3月11日~
5 愛島発電所(名取市愛島台) 380kW 平成26年3月12日~
6 角田発電所(角田市君萱) 800kW 平成26年5月23日~ センコンテクノサービス(株)
7 福島発電所(福島県本宮市) 330kW 平成27年2月12日~

 

年間総発電量は7ヶ所合わせて約1,600世帯分の電力使用量に相当、

CO2削減量は3,209,500kg-CO2/年間が見込まれます

 

taiwasolar
仙台北部ロジスティクスセンター(大和)

furukawasolar
古川営業所第5倉庫(古川)

 

natori-solor4

名取本社

oohira-solor3

大衡発電所

kakuda-solor2

角田発電所

fukushima-solor

福島発電所

Page Top ▲