HOME HOME > 新着情報 > 平成27年度ベトナム宮城県産品マーケティング支援事業について

新着情報

平成27年度ベトナム宮城県産品マーケティング支援事業について

平成28年03月31日

vietnam1604センコン物流は「平成27年度ベトナム宮城県産品マーケティング支援事業」を受託し、宮城県の自治体としては初となるベトナムをターゲットとした宮城県産品のテストマーケティングに関する取り組みを支援しました。

東日本大震災以降、風評が払拭されず輸出回復の動きが見いだせない国も少なくないことから、新たな販路開拓を目的に宮城県が他の自治体に先駆けて実施しました。

ベトナムの首都ハノイ郊外のイオンモールロンビエンのオープンに合わせ、平成27年10月28日から平成28年3月13日までの約半年間、約30平方メートルのブースを借り上げ、アンテナショップ「Miyagi Shop」にてテストマーケティングを実施しました。

センコン物流は、自社が持つロシアビジネスのノウハウを活用し、再委託先で現地法人である、L&K TRADING CO.,LTD.およびLOGITEM VIETNAM TRADING CO.,LTD.の協力の元、仙台港および仙台空港を利用し、宮城県内企業19社製品(飴、乾麺、お茶、漬物、トマトジャム、レトルトカレー、菓子、米、調味料、ジュース、ヨーカン、ラーメン、大福、こんにゃく、切り餅等)45品目を販売しました。また、平成28年1月には参加県内事業者と共にベトナム現地視察および商談会を実施しました。

当事業において、県内事業者の洗い出し、輸出通関等の輸出サポートをはじめ、販売促進方法を試行錯誤し、現地の多くの方々に宮城県産品の認知度向上を図り、更なる輸出品目拡大に向けた調査も行いました。

Page Top ▲